小春日和の先日11月13日、12期高橋(三井)直子さん講師による『俳句友遊~♪』(俳句遊遊 改め)の会が、南山大学R棟会議室にて開催されました。

参加者は10名。

まずは、5・7・5で自己紹介から始まりました。突然のフリにも関わらず、さすが皆さん見事に自己紹介。

その後、講師高橋さんに俳句についてのミニレクチャーをしてもらいました。

俳句は「有季定型」であること、季語の「本意・本情」などの話から、音の数え方などをクイズ形式にして、とても楽しく、わかりやすい説明でした。

皆、「なるほど、へぇ~そうなんだ~」の連続。 ここで一歩、俳句の世界に近づきました。

%e4%bf%b3%e5%8f%a5%ef%bc%94

その後は3グループに分かれ、グループワークに。

高橋さんより提示された季語「小春日和」からイメージすることを模造紙に書いていく作業。これは皆お得意です。出てくる、出てくる・・

%e4%bf%b3%e5%8f%a5%ef%bc%92

そして、実際に俳句を作ってみる時間に入りました。模造紙に書いた言葉を使ってもいいし、全く別の季語でもいいし、自由に。

模造紙にイメージを書いたことにより、頭がほぐれていたのか、全員いくつもの俳句を詠むことができました。(講師高橋さんもビックリ?)

この頃には皆、すっかり俳句の世界に入り込みました。

その後は休憩をはさんで、句会へ。高橋さん曰く、俳句の醍醐味は句会にあるそうです。

まずは各自で気に入った3句を選び、その中で特選を付ける。

それを高橋さんが読み上げ、作者は名乗り出る、というちょっとドキドキの時間。選んだ句について自分の感想などを述べ、最終的には全ての句を読み上げ、高橋さんに「ここはこんな風に工夫したほうが・・」などちょっとしたアドバイスも頂きました。

最後に高橋さんに俳句を始めたきっかけなどをお聞きし、会はお開きとなりました。

高橋さんの笑顔&お人柄のおかげで、終始和やかに、とても楽しく、あっという間の2時間でした。終了後、全員参加で「浜木綿」で食事会に。これも含め充実の一日となりました。そこでは「是非、継続して句会したいですね」と。

終わる頃には皆さん、すっかり俳句の魅力にはまったようです。

高橋さん、参加していただいた皆さん、素敵な時間をありがとうございました。

%e4%bf%b3%e5%8f%a5%ef%bc%93

以下は皆さんのふりかえりです。 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★

楽しかったです!「小春日や」の季語からイメージしたいろいろな単語から俳句が意外といくつかできました。自分なりにイイ感じと自己満足。そして、他の人たちの句を聴いて、こんな表現、こんな感じ方もあるのねと、それもおもしろい。今度はあの人のこんなところマネしてみよう♪ 高橋さん、季節が変るころにまたぜひPartⅡを!      (5期 O)

講師の高橋さんのお話がとてもわかりやすく、俳句が身近に感じました。英語科の人や、友人の紹介の人もいて、とても楽しい会でした。(6期 O)

俳句について『五七五で季語が要る』しか予備知識がなかったのですが、高橋先生の教え方はとてもわかりやすく、楽しんで俳句を詠んで、皆と味わうことが出来ました。これからも続けていけたらいいなあと思いました。まだやったことのない人にも是非すすめたいと思います。     (10期 K)

俳句ときくと季語などが入り難しく、もっと敷居の高いものだと思っていました。高橋さんのいやしの笑顔で優しくていねいな説明をうけ、すんなりと作ることができました。日記の代わりにつけていくのも良いなと思いました。    (9期 M)

今日はありがとうございました。以前から興味のあった俳句ですが、敷居が高く指をくわえて見ているだけでした。今日の機会をいただいて、とても楽しく参加させていただきました。句を考えるプロセスもたのしく、皆さんの句を伺うのもとても勉強になりました。このような機会はなかなか作れないので、又開催の予定があれば、お声をかけていただきたいです。宜しくお願いします。        ( S )

最初、俳句と聞いた時はとても敷居が高くて、私にはとてもムリと思いましたが、誘われるまま来たら思っていたより楽しく、難しく考えることもなくできて、俳句に対する考え方がかわりました。学生時代に習っていたのかもしれませんが、小さい「つ」は入るとか、小さい「やゆよ」は入らないとか、基本的なこともわかってとても良かったです。高橋さんの親切で熱心に教えて頂けるお人柄もとても好感が持て、余計に俳句を身近に感じることができたのだと思います。ありがとうございました。 (10期 M)

はじめて俳句会に参加しました。全てが初めてのことばかりでわからず、戸惑いました。また、日頃の生活がいかに何も考えず、ボーっとしているかも感じました。でも、多くの人の意見も聞けて、楽しい時間をすごせました。  ( Y )

俳句は言葉遊びではなく心情の吐露であり、決まり事があるからこそ、その中で自由に詠むことができます。皆さんの句は各々の個性にあふれ、「やっぱりなぁ」と思いました。年初より書き出した俳句ノートも見ていただき、大変勉強になりました。高橋さんの教え方は明快で、グングン引き込まれて行きます。資料もたくさん揃えていただき、ありがとうございました。   (6期 K)

とっても楽しい、あっという間の2時間でした。今まで俳句は私にとってすごく遠い存在でした。正直、興味もあまりなく・・でも今回、高橋さんに俳句の楽しさを教えていただき、すごく身近なものになりました。「俳句の醍醐味は句会」と仰っていましたが、本当にその通りだと感じました。皆で選句し、感想を話し合い、和気あいあいととても楽しかったです。また句会やりたいですね。(5期 H)

高橋さんの明るくわかりやすいお話でとても楽しい時間を過ごすことができました。みなさんの作品をみてセンスの良さにただただ感心していました。俳句を作るのはやはりハードルが高く無理でしたが、今後いろいろな物を見て季節は何かなと気にしたり、視点が広がりそうです。ありがとうございました。(11期 S)