第3回ニンカン・ネット×Seeds コラボ企画「ニンカン卒業生におくる人間関係講座」を下記の通り実施しました。

(日時) 2013年1月6日(日) 13:30~16:00

(場所) 南山大学 D43教室

(参加者)7名

実習:「白樺山荘はどこだ」

参加人数が少なかったため、7人、1グループで課題解決の実習をしました。
ねらいは「体験から学ぶことを知る」、「コミュニケーションを楽しむ」でした。
各自、目標を決めて実習に臨みました。


052-b0668気をつかわずにわいわいやれるのが楽しい。
楽しいだけでなく、たくさんの気づきがありました。
今日の体ケンをきちんとふりかえり
次への課題をもって帰ることができました。
白樺山荘はむずかしいけどおもしろい実習でした。 10期 Fさん


久々に頭使った実習でした。
私が課題解決が苦手なのを、皆よくわかっていたなと思います。(本当、昔から苦手)
最後の方の皆のパワーはすごかったし、「人は様々な動きをするな」と観察もできました。
課題解決以外にも、苦手な物に一歩踏み込むのが今後の目標です。
シーズの方々もお疲れ様でした。ファシリテーターの小出さんは緊張のせいか、
最初声が震えていたようですが、最後は自分のペースでやれてましたね。
真摯な態度に好感が持てました。ありがとうございました。 6期 Kさん


053-d6322

知っているメンバーばかり、というのもあって、終始リラックス、楽しくできました。
もともと問題解決実習は大好きですが、「絶対解答を導き出す」つもりで少々熱中しすぎました。
それが反省点。
ふりかえりの時、あまり他のメンバーの様子を見ていなかった自分に気づかされました。
正解にたどり着くまであと一歩だったのが残念ですが、
「実習」も「ふりかえり」もとても中身の濃い、有意義な時間でした。 5期 Hさん


とてもむずかしい課題に途中からお手上げ状態。
頭がフリーズした。
いつも課題解決の実習はエキサイトしすぎて、
あとから周りのことをまったく見られなかったと反省。
今回も結局そんな感じだった。
ふりかえりの時に「冷静だった」と言われてとまどった。
どうもそう見えることが多いようだ。
また「この場をどうしたらいいかを考えていた」とふりかえった意見に、
そんなことはかけらも考えていなかった自分に気づいた。
自分のことでいっぱいいっぱい。
まわりがみえるようになるといいなぁ。 11期 Sさん


今日の実習は課題解決と予告があったので楽しみに参加。
実際気心しれたメンバーなので、いつもよりゲーム感覚で進められると、
自主的にタイムキーパーに手をあげ、ちょっと観察に重きをおいてみようと…すると、
解決に気持ちが乗れず…!
器用に二つに意識を持とうなんて、自分には難しい(泣)
また課題解決の情報は「言葉」でなはく「絵」で戸惑いました。どのように伝えればよいのかと…
毎回終わってから途中質問しても良かったんだ~って後悔します。
さらに少し硬直したときに全体をどうしたら…?
自分も他も…ってホントに難しい、気心しれたメンバーでさえ…
常に頭に置いていれば見つかるのでしょうか?
最後になりましたが、気づきで終わらせず、自分への課題を具体的な方法でと考えさせることがよかったと思いました。
ありがとうございました。       1期 Fさん


久しぶりの問題解決実習、楽しみにしていました。
フタを開けてみると・・・エッ地図だ・・・。
ちょっと苦手分野ではあったけど、
自分のカードの情報とメンバーのカードの情報に参加者全員が集中して、
ケンケンガクガク、あーでもない、こーでもないとやっている時間は
とても充実していました。
それにしても、自分が思う「私」と、人から見た「私」って
けっこう違いがあるのね。
もうちょっとそこんとこ話してみたかったなあ。 5期 Oさん

055-7a40b