ムーラン(林)です。

この師走の忙しい時に、珍しく私は体調を崩した。

インフルエンザには忘れた頃に罹患するのだが、風邪もほとんどひかない健康自慢だけが取り柄の私としたことが。

鼻かぜをひいた後、どうも鼻の具合がどんどん悪くなり、鼻の奥、目の下あたりから耳近くまで痛い。

医者嫌いの私だが観念して近くの医者に行き、熱を測ったら38.1度あり、ビックリ。

多少だるさはあったものの、熱がある自覚はなかったのに。

インフルエンザかもしれないということで、即、隔離。 検査の結果、インフルではなく、一安心。

でも、じゃあこの不調は何だ・・・副鼻腔炎でした。

普段体温が高めの私には、37度の後半は何ともない。

かつて予防接種に行った時、夕方でしかもちょっと慌てて駆け込んだ後の測定だったので、37度を超えていて、「大丈夫ですか」と医者に確認されることも。

それにしてもこの年末に体調崩さなくとも・・とも思うがそんなの私の意思ではないし。

で、週末の約束を泣く泣くキャンセルした。

やはり、いくら健康自慢の私といえど、60歳を超えてくると無理はきかないらしい。

さすがに自分の体にガタが来たと感じてしまう。

母がたまに「歳には勝てん」とボヤくが、その気持ちも少し分かったような気がする。

多分、私の場合、遊びすぎですね。

還暦になってからもうすでに3本も映画を観ているし。その他にもランチやら京都やら・・

「調子こくな。歳を考えろ」ってことです。

そういえば、数年前にニンカン・ネットのメンバーと訪れた、京都六波羅蜜寺で体験した生年月日による占い(その年から向こう10年の)には「調子こくな」と書いてあった。

(いえ、もちろんもっとちゃんとした言い回しの長い文章だったが、要約すると、こうなる)

この戒めは、どうやらまだまだ肝に銘じなくてはいけないらしい。 わかりました。

 

皆さまにとって2019年が素晴らしい年になりますように。

Merry Christmas & Happy New Year !!