青木です。
二週間ほど前に大阪に住む娘に会って以来、もやもやと感じていることがあります。
うちには息子28歳、娘26歳がいますが、二人とも大学入学を機に実家を離れ、
卒業後もそれぞれの地で就職をしたので、兄妹が顔を合わせるのはせいぜい
一年に一度ということが何年も続いています。
今年のお正月も二人は久しぶりに会いましたが、だからといって積もる話をするわけでもなく、
二、三日してまたそれぞれ戻っていきました。
このことを私は特に何とも思っていなかったのですが、先日娘が
「友達でお兄さんのいる子は、飲みに連れて行ってもらったり、
遅くなると迎えに来てもらったり、彼氏彼女の話をしたり、みんなもっと交流してる。
なのにわたしとお兄ちゃんはもう何年も疎遠だ!」と言い、
「だって離れて暮らしているんだから仕方ないじゃん」と言いつつ、
私の中で「疎遠」という言葉がずっとひっかかっています。
小さい頃は仲がよくていつも一緒に遊んでいたし、娘は小一か二の時の作文に
「私は友達より誰よりお兄ちゃんが好きです」なんて書いたりもしていました。
でも成長するにつれて息子の方が妹に関心がなくなり、それが今も続いているような気がします。
そういえば、娘が中学生の時に、高校生の息子に「時々メールで話したいんだけどいい?」
というメールを打っていたことを思い出しました。(返信はどうだっけ…忘れてしまいました)
私には男の兄弟がいないのでよくわかりませんが、
うちの場合、何だかずっと妹が兄に片思いで、兄はそのことに全く気付かず、
そのうちに妹があきらめてきた…そんな感じです。
でも娘はまだあきらめきれなくて、
「お母さんからもっと妹を大事にしろって言っといてがまん顔」と言われています。
「え~、私が言うの~」と思いましたが、娘は五月に結婚をするので、
息子に少しは妹のことを考えてもらういい機会かも知れません。
二人しかいない兄妹なのだから、いつまでも仲良くやっていってほしいと伝えるかな。
「別に仲を悪くしているつもりはありません!」と言ってくるだろうけど。