榊原(葉っぱ)です。
先日、娘がなにげなく言った。
「お母さんって弱そうに見えて意外と強いんだよね~。」
それは私にとって最高の褒め言葉だ。
昔は強そうに見えて弱かった。
いろんな経験をして、その経験が私を強くしてくれた。
私は何の才能もないが、「人持ち」である。
信頼できる友だちを持っている。
心配してくれる家族を持っている。
友だちや家族の一人一人の性格は違うが、
私にとって尊敬できる人たちだ。
世の中、私の好きな人たちばかりではない。
嫌な思いもする。
人間関係で悩んだりもする。
そんな時、「○○さんだったら、きっとこうするだろうな~。」とか「△△さんだったら、こんなことはしないな。」と、私の好きな人たちだったらどうするかを想像する。
それぞれ性格が違うから、その対処の仕方はそれぞれだ。
(私が勝手に想像しているのだけど・・・。)
「○○さんだったら、間違ったことはぴしっと言っちゃうな。」とか
「△△さんだったら、そんなことは気にせず自分の仕事をきちんとやるだろうな。」とか
「◎◎さんだったら、にっこり笑顔で終わっちゃうな。」とか
そんなことを考えていると、大した問題じゃなくなってしまう。
娘も「人持ち」だ。
辛い時に友だちが助けてくれた。
母(私)も時には役に立ったかな。
これからもいろいろあると思うけど、
「こんな時、お母さんだったらどうするかなぁ。」と思ってくれると嬉しい。
心の中で娘に言った。
「あなたも意外と強いよ。」