榊原です。
ゴールデンウィーク中のある一日、ムーラン夫婦と旦那と四人で
郡上の「國田家の芝桜」を見てきた。
途中、郡上八幡の城下町をぶらり散歩し昼食を食べた。
郡上八幡からせせらぎ街道を通り、少し行くと「國田さんの芝桜」はあった。
山あいの旧家の庭にピンクの花が絨毯のように広がり、
景色をピンクの絵の具で塗ったよう。
下の方に水を張った田があり、その田に芝桜が映り「逆さ桜」になりとてもきれい。
見頃を少し過ぎていたので、もう少し早く来ていたらもっとピンク色だったのかな。
たぶんこの時だけしかやっていないお店の庭先で、草餅入りぜんざいを食べた。
あぁ美味しい。ほーほけきょと鳥の鳴き声を聞きながら美味しいぜんざいを食べる。幸せ。
この芝桜は住人の國田かなゑさん(故人)が畑に実家から持ち帰った苗を植え、こんなに素敵な庭に
したそうだ。
花好きで悪い人はいない。少なくとも私が出会った花好きな人はいい人ばかりだ。
次の日、私は庭のラベンダーを切り、花瓶に挿してみた。
それでも余るので、花束にし窓辺に吊るしてドライフラワーにしてみた。
家の中はとてもいいにおい。癒される。
あぁ花って元気をくれるなぁ。
今、家の庭をポタジェにしたいなぁと思っている。
野菜やハーブ、花を混植して、実用と鑑賞の両方を楽しむ庭である。
ゴールデンウィークも終わり明日からまた仕事だ。
花に元気をもらい癒された休日だった。

DSC01361.JPG