6期、古山です。

1ヶ月ほど前、人生初のめまいを体験しました。
噂に聞いていたけど、目を閉じても天井がクルクル回っていて、腰が引けて、嘔吐ありで、どうなるかと冷や汗ものでした。
すぐ収まったからいいものの、「キャパオーバーじゃない?」といろいろな人から指摘があり、確かに50才を過ぎたあたりから、ガタは来ています。

同級生とランチした時も、食べようとしたら、友達が「ちょっと待って。」
写真取るかと思いきや、「食前に薬飲むの。」
そこからは皆して「○○が痛い」「検査した」と病気自慢のフルコース。
40代の時は「どこの塾、学校がいい?」と話していたのに、今話題の中心は体のことや、介護・相続・実家の片づけ。
知り合った頃、将来このメンバーでお墓の話をするとは想像できませんでした。

それだけ年取ったということね。
でも、年を取るのも悪くないです。
私は、いい具合に年を重ねた素敵な人を見つけると、人生のお手本としています。
そういう人は、人知れず努力していたり、何かに打ち込んでいたり…見栄を張ることなく、凛として清々しい。
そして、ニンカン生はそんな人の割合が高く、不思議と若く見えます。
今年度のニンカン・ネットの活動も始まりました。
いい出会いがあるのを期待しています。