古山です。

少し前、夫から「折れた」の題名のメールが届き、とうとう単身赴任13年目にして心が折れたと思いきや、「愛用しているクイックルワイパーの柄が折れて、掃除ができない。帰省した時に買ってください。」との文面でした。
もぅ、近くに大型スーパーがあるし、そちらの経費で買ってほしい。(夫はこづかい制)
夫は、喫煙者なのにすこぶる健康…単身中でも病院に駆け込んだのは、網膜剥離になりそうになった時(その場でレーザー治療)と一泊二日の脱腸手術ぐらい。
精神的に強いのも、留守家族としてはありがたい!

亡父が単身赴任だった時、同僚がみるみるうちにやつれていき、引き払った官舎の部屋の鴨居に小さな釘がびっしり打ち付けてあった話を思い出します。

かく言う私も、困った妻。
単身先に「母が死んだら行く。」「子供が家を出たら行く。」と言ってても実行していない。
来年3月に満期退職しても、ニンカン・ネットと同窓会常任理事とコーラスのほかに、声楽レッスンを6年ぶりに復活するため、「仕事を辞めたら行く。」とはならない。
自称「行く行く詐欺」です。
東京は友達もたくさんいるし、昔住んでた千葉は懐かしいけど、行ったとてやることがないのです。
「ご主人の所に行かないの!?」とよく聞かれますが、53才にしてほぼ一人暮らし…名古屋でしばらく頑張ります。

きっと仲の悪い夫婦だと思われてんだろうなぁ。