6期、古山美保です。

この夏、家中のアルバムを整理しました。

近くのホームセンターに売っている360枚収納のアルバム(398円)を買い込み、手始めは子供達のアルバムから。
一人がフエルアルバムで3冊あったものを、上記のアルバム各2冊に圧縮…ぼやけてるのを除き、同じアングルのは1枚にして、何とか収まりました。
次に、自分の誕生からの分を整理…これが念願の作業でした。

昭和30年代主流の黒台紙に貼ってある写真を剥がすのは、結構力が要ります。
その次の時代に流行ったタイプ(全面接着台紙に透明のカバーが付いている)は、台紙が劣化してて、泣く泣くボツにした写真が多数あり、整理を考えている人は、早くやった方がいいですよ。
本当にスッキリ、すごい達成感!

親が死んだ後、子供達にやみくもに整理させる手間が省けました。
恥ずかしい写真も破棄でき、ラッキーです。
(死んだ後、いろいろ言われたくないもんね。)
転勤族で元来は物が少ないわが家だけど、1年に1回は大幅整理が必要です。

友達に「肌着も含めて着る物は100着まで絞り込んだ」つわものがいて、負けていられない。
家で着る服を数着のワンピースだけにして、制服と呼んでいる友達もいます。

≪少ない道具で心豊かに暮らす・質を落とさずコンパクトに≫が私のモットーです。