6期、諸岡千佐子です。
よもやま話、久しぶりの登場です。
寒波到来の週末ですが、明日はさらに気温が低くなる気配ですね。
今、我が家の外の気温は3度。
時々外でたばこを吸う家人が、外ガラスにペタンと貼ってある温度計を
見て、報告してくれました。
テレビでは、すでに猛吹雪になっている所も多く、じっと通り過ぎるのを
待つしかないのかもしれませんね。
さて、明日の日曜日は、第3アドベントです。
クリスマスの到来も間もなくですが、今週に入って
リースを掛けたり、クリスマスグッズを部屋のあちこちに
飾ってみました。
娘が小さい頃は、一緒にクリスマスツリーを飾ったものですが、
今は出すもの片付けるもの、私一人。
ちょっと淋しいけれど、色々懐かしいことも思いだしながら
今年もゴソゴソ用意しています。
私にとってのアドベントの定番は、シュトーレンを作ること。
かれこれ20年以上、毎年焼いています。
最初の頃は、家族で食べる程度の数でしたが、段々増えていき、
ここ数年は、20本近く作ります。
美味しい!と褒めてくれたり、私の作るシュトーレンを楽しみにして
くれる知り合いもいて、今年ももう手元にはほんの少ししか残って
いません。
ちょっと気前よくプレゼントしてしまったかしら・・。
家人からも、もっと作ったら?増産!と、言われていますが、
バターの品薄を理由に、ちょっとためらってもいます。
ニンカン時代のアドベントでいつも懐かしく思いだすのは、
白いペーパークラフトの天使や羊飼い、博士たちが、
中庭の大きな窓に飾られてあって、クリスマスらしい気分に
なっていたこと・・・・。
今は残念ながら、あの光景を目にすることはできないけれど・・・・、
とても懐かしく思い出してしまいました。