明けましておめでとうございます。
6期のちーこ、諸岡千佐子です。
お正月、いかがお過ごしでしたか。
我が家は、東京勤務の娘が年末に帰省し、
久しぶりに家族が揃った感じで、賑やかになりました。
三が日、お天気もよく、初詣に行かれた方も多いのでは、と思いますが、
我が家は、クリスチャンなので、元旦に近くの教会へ行きました。
この日は「イエス命名の日」という、キリスト教でも祝日なんです。
礼拝の後は、それぞれが、おせち料理を持ち寄り、京都生まれのメンバーが作る京風雑煮を
皆でいただきます。
私の通う教会は、メリット先生がおられた教会(尾張旭の愛知聖ルカ教会)なのですが、
メリット先生は、お元気な頃、クリスマスが過ぎると、長野県の伊那谷のお宅にお戻りになることも
多かったように記憶しています。
厳冬下での年越しは、どんな風だったのでしょうか。
星がとても美しい!とおっしゃっていたので、輝く星空をご覧になられて、新しい年について
思い巡らしておられたのかもしれませんね。
2日、3日は、それぞれ気心の知れた親戚、知人家族との新年会となり、
どちらも我が家で 「お・も・て・な・し」
集まって、わいわい・・・というのは、やっぱり楽しいですね。
料理を準備するのは、それなりに大変といえば、大変だけれど
お店で食べるのとは、また違う良さがあって、
ホームパーティーは、招くのも、招かれる方も大好きです。
そんな訳で、今年も「どうぞ、どうぞ!」と、ウエルカムしてしまいました。
今日は、やっとおもてなしをしない日!と決めて、年賀状の返信をし
私の両親を誘って、うなぎを食べに街へ出かけました。
ひつまぶしを食べて、大満足!
今年も美味しいものを家族や仲間と一緒にいただいて、
幸せだな、と感じること、その当たり前のことを
大切にしていきたいと、年の始めに思った次第です。
新しい年が、皆さんにとって、恵み豊かな1年となりますように。