ムーラン(林)です。
時間ができたので、今日、急に思いついて表題の映画を観てきた。カチンコ
この映画のチラシには「アブないジジイと優等生の小学生が、最高の相棒になる」とある。
まさにその通り、自堕落な生活をしていた、ちょい悪オヤジのヴィンセント(コドモな大人)と、
両親の離婚で母と2人隣に引っ越してきた、小学生オリバー(オトナな子供)の交流が映し出されている。

いい年をしてハチャメチャ、落ち着いた大人になり切れないヴィンセント。
隣に引越してきたオリバーの放課後シッターをすることになるのだが、それがまたありえないハチャメチャ。
売春婦に会わせたり、競馬場に連れて行ったり、けんかを教えたり・・
でもそんな中、オリバーはその中にあるヴィンセントの優しさ、思いやりの心をちゃんと見抜くのである。
オリバーはヴィンセントの生き様を調べあげ、ヴィンセントの本質を素晴らしい文章でまとめ、発表する。
その終盤のオリバーのスピーチシーンは、涙なしには観られなかった。

ヴィンセント役のビル・マーレイがすごくいい。
彼はアメリカを代表するコメディアンでもあるので、所々で笑いが入り(アドリブなのか科白なのか・・)
それがまた全体のいいスパイスになっている。
わかりやすい、そして観終わった後は心が温かくなる、そんな映画だった。
ミリオン座で上映中です。100分程度の映画なので気軽に、お薦めです。

ヴィンセント