ムーランです。

表題の映画を観てきた。これは実話を元にした映画。
マット・デイモン演じるベンジャミン・ミーは妻を亡くし、多感な年ごろの息子とまだ幼い娘と共に生きていくため仕事を辞め、新たな人生を歩む決意をする。
そこでたまたま購入した家が、何と廃園となっていた動物園だった。
残って動物の世話をしていた従業員たちと触れ合いながら、自分の財産をなげうって動物園の再生を図るのである。

なかなか本音で語り合えない息子との関係に葛藤する父役のマット・デイモンが新鮮だった。
(父親役のマット・デイモン、私は初めて。ちょっと見ない間に少しお太りになったような・・)
動物園の再生と同時に家族も再生していく、とても爽やかな感動の映画だった。ぴかぴか (新しい)
息子役の少年が、父とぶつかりながらも時折見せる涙や、分りあっていくにつれ変わっていく表情もなかなか良い。

見事に再開を果たしたこの動物園は現在も存在し、動物の研究機関としても重要な存在だそうだ。
「キセキ」は「奇跡」または「軌跡」どちらも当てはまるので、敢えてカタカナ?
英語の表記はどっちだろう??