ムーランです。

先日も書いたが、東京へ行ってきた。新幹線
今日は偶然見つけた東京の穴場を紹介したい。

それが表記の『明治生命館』。丸の内にあり、皇居を望むようにして建っている。
昭和初期に建てられた豪華な建造物で、ラッキーなことに戦火をくぐり抜け、今も当時の姿を残している。
昭和の建造物としては初めて国の重要文化財に指定されたそうだ。
外観はエンタシスの柱があり、ギリシャやローマを思わせる重厚さ。

そして何よりビックリしたのは内観。
それはもう素晴らしく豪華だった。
全て大理石、そんじょそこらのホテルよりはるかに広く豪華。ぴかぴか (新しい)
大理石には「アンモナイト」が所々に見られた。
1階2階は吹き抜けになっていて、2階の回廊には当時の会議室・食堂などがそのまま保存してあり、自由に見学できる。

家具も一部当時のまま。
会議室は戦後GHQの会議にも使われたそうだ。
資料展示室もあり、当時の様子の写真が閲覧できる。
1階の豪華なフロアは、一部現在も「お客様相談センター」として機能しているそうだ。
その奥の空間はラウンジとして誰でも自由にゆったり休憩ができる。
とてもリッチな気分に浸れる。

警備員の方に聞いた話だが、皇居を訪問する要人の方を馬車のお迎えが来るまでの時間、ここの2階応接室でお待ちいただくらしい。
確かにそれに恥ずかしくないような豪華で、でも温かみのある建物だ。
本当に素晴らしく、「よくこのまま残っていてくれた」と思った。

何より、この歴史的にも素晴らしい豪華な建造物の見学が無料なのである。ちゃんと立派なパンフレットももらえる。
(合計3000円も出して上ったスカイツリーのパンフレットよりずっと立派)
営利目的でなければ写真撮影も自由。

ここはガイドブックにもあまり載っていない、本当に穴場スポットだと思う。
東京を訪ねたら是非一度お立ち寄りを。 東京駅からすぐなので。
(ただ、平日は現在も一部使われているため、公開は土日のみなのでご注意を)

2012_1028_143407-IMG_1959-thumbnail2

2012_1028_145353-IMG_1966-thumbnail2