ムーラン(林)です。

あっという間に今日は鏡開き。こうしてまたすぐ一年が過ぎていくのだろうな・・

そう思うと「今を大事にしなくては」と思うが、相変わらずダラダラと気づいたら年末だったりして。

いけない、今年、我ら5期生は昭和を30年、平成を30年生き、節目の年だった。

これからはもう少し丁寧に生きなくては。

 

先日は、楽しく続けている書道教室(先生はつんつんの奥様)で書初めだった。

私は以前から次に書こうと決めていた言葉があり、それを書きあげてきた。

それは『明珠在掌』 めい(みょう)じゅたなごころにあり。

禅の言葉である。

「明珠」はとても価値のあるもの。透明で曇りのない宝石のこと。つまり宝物。

それはどこか遠くに探しに行かずとも、実は既にあなたの掌の中にあるのですよ。

・・という意味だそうだ。

この言葉に出会った時、「書かなくちゃ」と思った。

 

欲しいものは山ほどあるし、欲を言ったらキリがないのだが、ふと自分を見つめてみると、

私にはかけがえのない家族や友人がたくさんいる。

それこそがプライスレスの宝物である。

 

2018年。節目の年。  今年もよろしくお願いいたします。

『明珠在掌』