ムーラン(林)です。
明けましておめでとうございます。今年も頑張って書くので、よろしくお願いします。

夫と『永遠の0』を観て来た。映画
はっぱも夫婦で鑑賞後のことをココに書いていたが、私はこの映画そのものについて書きます。

・・泣けた。感動の映画だった。
原作はかなり前に読んでいて、構成上「映画化は難しそう」と思っていたのだが、
ド素人のそんな心配をよそに、素晴らしい仕上がりだった。
ネタバレになるのであまり詳しく書かないが、お国のために死ぬのが栄誉だったあの頃のおかしな日本。
その中で「生きる」ことに執着していた青年。

あらためて「あの戦争は間違っていた」と思った。いったい何人の若い命が無駄に消えていったのだろう。
特攻なんて絶対おかしい。
終盤で語る、故夏八木勲さんのセリフが心に響いてきた。力強いメッセージだった。
そして、あのラスト。圧巻のラストだった。

この映画は、若い人にも是非観てほしい。
戦争を知る世代が減ってきた今だからこそ、この手の映画は観ていく必要がある気がする。
それが私たちの役割な気がする。

0永遠の