ムーラン(林)です。
やっと連日の猛暑から抜け出たようで、文章を書く気力が湧いてきました。グッド (上向き矢印)

夫と表題の映画を観てきた。カチンコ
舞台は太平洋戦争敗戦時の日本だが、ハリウッド映画である。
主人公は、GHQマッカーサーの部下で知日家とされるボナー・フェラーズ准将。
彼はマッカーサーの命により、昭和天皇を戦犯として裁判にかけるべきかどうかを探る。
言わば、日本のタブー部分に言及する映画だった。

戦争に関する映画は多く観てきたが、この部分に焦点を当てた映画に正直驚いた。
周知の事実であるように、結局昭和天皇は罪に問われなかった。
フェラーズは東条英機・近衛文麿などキーパーソンに会い話を聞き、確固たる裏付けは得られないのだが、
その時の日本における天皇制の在り方や国民感情を考慮し、結局「無実」と報告する。
マッカーサー自身も「罪には問わない」方向だったのを、敢えてフェラーズにそう言わせたかったのではないか・・
と、この映画を観る限りでは、感じた。

西田敏行や伊武雅刀ら、日本のベテラン俳優陣の存在感も際立っていた。
見事に英語で好演している。そうそう、亡くなった夏八木勲さんも。
それと、フェラーズの通訳役の俳優さんもとてもいい味を出していて、この映画の中では欠かせない存在だ。
終盤は、あの有名な、マッカーサーと昭和天皇が並んで写っている写真を撮る場面。
片岡孝太郎演じる昭和天皇と、トミー・リー・ジョーンズ演じるマッカーサーのやり取り。
「きっと、この通りだったんだろうな」と思いたい、素敵なラストだった。
そして、本物のあの写真が映し出されて終わる。

ジワ~っと心に染み入る映画だった。
ただ、私個人的にはフェラーズと日本女性との恋愛要素は必要なかった気が・・・
(凛とした素敵な女優さんだったが)

★☆★☆★☆
ちょうど、今読んでいる本は、浅田次郎 著『終わらざる夏』
これも太平洋戦争末期の話。
浅田次郎ならではの取材力・筆力で圧倒の大作である。
まだ半分位しか読めていないが、読み終わったらまたここに書きます。