ムーラン(林)です。

ココに書くつもりはなかったけど、仲間に乗せられたので書いちゃいます。わーい (嬉しい顔)

先日、近所の友人たちと梅を見に行った時のこと。
最寄りの地下鉄駅で電車を待っている時、一人の女性が私の方を見て、向こうの方から一直線に近づいてきた。
私に向かってきているのは察したのだが、「知らいない人だし、何だろ・・」といぶかっていた。
私の前に立った女性が唐突に「突然すみません。お洋服のコーディネートがとても素敵なので、
写真に撮らせてください。参考にしたいので。」と。

突然のことで、「え~~?私ですか?」と私。
かなりビックリし、戸惑ったのだか、顔は撮らなくていいと言うし、「私で良ければ・・」と撮ってもらった。
雑誌とかではないそうで、おそらく、FBなどネットでアップするのだと思う。
周りに人もたくさんいたし、友人たちは遠巻きになって笑っているし、恥ずかしかったのだが、
何だか朝からちょっと嬉しかった。

私は太ってこそいないが、背は低い、足も小さい・・で、ファッションには苦労する。
でもいつも自分なりに考え、コーディネートしているつもり。
決して「若作り」ではなく「若く見える」よう、流行もそれなりに、と心がけている。
それが認められたようで、嬉しかった。

わたくし、間違いなく褒められて伸びるタイプであります。
明日からも頑張ろう。グッド (上向き矢印)