ムーラン(林)です。

花見レポート第二弾(林バージョン)です。桜
昨年は名古屋城に同期の友人たちと夫婦そろって本気の花見に行ったのだが、
今年は近所の友人たちと岐阜の墨俣一夜城の桜を見に行ってきた。
「墨俣一夜城」は、かの秀吉が信長の命により一夜にして築き、
出世のきっかけとなったという知る人ぞ知る城。

でも、今ある城そのものは後から再建したのもので、城としての価値はない。
(中には展示物があるので、いわゆる資料館ですね)
ただ、その周りは川に沿って1000本以上の桜並木となっていて桜の名所である。
ちょうど満開見頃で、天気にも恵まれ、最高の花見となった。
暖かい日だったので、シートを敷きお弁当を食べている人たちも大勢。
ソメイヨシノだけでなく、しだれ桜もあり、見事に咲き誇っていた。
お弁当は持参してなかったので、近くのお寿司屋さんで「桜定食」なる物を食べた。写真は撮りそびれましたが、
コーヒー&桜ロールケーキ付の寿司定食で980円。満足満足。

帰りはバスで大垣まで戻り、「奥の細道 結びの地記念館」に立ち寄った。
ここの周辺も桜が見事だった。
その後は駅前で当初の予定通り「水まんじゅう」を食し、帰宅。

見事な桜と美味しい物で、おなか一杯の一日だった。

TS3V0125

IMG_4103-thumbnail2