ムーラン(林)です。

はっぱの、泣けるよもやま「とんび」の直後に書くのには、少々気が引けますが・・
おばさんは、今日も変なことに引っかかるのである。目
(前出の古山さん著「おばさん知恵袋」的な内容ではありません。あしからず)

最近、テレビで若い女性芸能人が「アイドルやっています」と自己紹介している姿をよく目にする。
自他ともに「おばさん」を認める私としては、何か引っかかる。
「アイドル」って自分で言うこと?
しかも申し訳ないが、その当の本人はまだ決して売れていない。名前も顔も知らない。
なのに、デビュー時からシレっと自分で「アイドルです」と言ってのける。
あたかも「学生です」とか「教師です」的な感じで。

アイドルって職種ですか?
だとしたら、その言い方もありだとは思うのだが・・
おばさんは、それは職種じゃないと思っているのですが。
「アイドル」って、誰もが顔も名前も分るくらい売れて人気が出てきて、
初めて「アイドルになる」のではないのか・・
そういう「現象」を伴う人のことを、周りが「アイドル」と呼ぶのではないのか・・
いつから「アイドル」は、結果として「なるもの」でなく、「やるもの」になったのかな・・

何か違和感があるんだよな~~
最近の、最初から「アイドル」としてデビューするっていう状況に。
芸能界には「アイドル」という領域があるのは理解するが、
そこにデビュー当時のまだ名も知れぬ人間が、最初から所属していることが理解できない。
おばさんは、今日も悶々と理解に苦しむのである。げっそり (顔)