proムーラン(林)です。
GW終わってしまいましたね。我が家は東京の娘一家が来ていて、孫と楽しく賑やかな休日でした。
「よもやま話」の内容はGWとは全く関係ないのですが・・わーい (嬉しい顔)

いつも行く美容院での話。
その美容院は、美容師さんもお客さんも多く、カットやカラーで担当が変わるという、
いわゆる大型のチェーン店。
でも私は、カットだけは指名をしていつも同じ人にお願いしている。

その美容師さんは30前後の青年。
私が雑誌を読んでいる時はやたら話しかけることはなく、でも時にさりげなく世間話もでき、
ちょうどいい距離感で、居心地が良い。

先日、その彼がカットしてくれている最中「そう言えばあの後、〇〇行きました?」と聞いてきた。
それは前回(1ヶ月半前)におしゃべりした内容の続きなのである。

返答しながら私は正直びっくりした。
私にとっては1:1なので、前回話した内容はもちろん覚えている。
でも彼は1日に何人もカットし、何人もの人とおしゃべりしているはず。

思わず「すごいねぇ~よく前回おしゃべりした内容覚えてるね」と言ってしまった。

彼「覚えてますよ。前回座った席まで覚えてます。カットについて話した内容も。
ただ何月何日だったかは正確に覚えてないのでカルテで確認します」と。

私「素晴らしい。カットの事とかはプロだから覚えていてほしいけど、雑談内容までとは」
と褒めまくってきた。

プロとしてのスキルはもちろん重要だが、それプラスこういったこともとても大事なんだなと感じた。
特に接客業では。
真のプロである。

私は、今後もずっと彼にカットはお任せしようとあらためて心に決めた。ぴかぴか (新しい)