ムーラン(林)です。

3月11日。鎮魂の思いを込めて、今年もまた書こうと思う。

あの日から2年である。
未だ行方不明の方もいらっしゃる。そして福島第一原発はまだ収束していない。
仮設住宅に住む人、未だ見つからない身内を探し続けている人・・・瓦礫の山・・
帰りたくても自宅に帰れない多くの人々・・そこに自宅はあるのに。
当然のことながら3月11日が近づくにつれ、報道も東日本大震災関連が多くなっていた。
終わってなんかいない・・・と気づかされる。

あの映像を観るたび、また涙がこみ上げてくる。
そして、また今年も思ってしまう。私は何をしたのだろうか・・と。
もっと何かできたのではないだろうか・・と。
具体的に何ができたかと言うと、コツコツと義援金を送ることしかできなかった。

でも、私は心に決めている。
あの日を決して忘れないと。

直接の知り合いこそ居ないものの、多くの人が犠牲になったこと。
そして、悲しみを乗り越え、今も復興に向けて懸命に前進している人たちのこと。
「頑張って」などと簡単には言えない。
けれど、決してあきらめないで。慎ましくも逞しい東北の人々を信じています。
そして、遠く離れたところに居る私たち、誰もができる唯一のことは・・・

決して忘れない。