ムーランです。

今日、急に思いつき近所の友人2人と登山(?)をしてきた。
・・・と言っても、岐阜の金華山。
本気で登山をしている人にとっては「そんなのは登山のうちに入らん」かもしれないが。
岐阜公園から何気なく入った登山道は「瞑想の小径」
幾つかのルートがあるようだが、名前からしてこれは緩やかなルートだろうと予想した。
(他に「馬の背ルート」など、いかにも険しそうな名前もあった)

が、私たちは3人とも甘かった。。。げっそり (顔)
靴もヒールこそ履いていないものの、普通の靴。
荷物はリュックではなく、普通のバッグ。(斜め掛けはしていたが)
初めはまあハイキングコース様だったが、歩くにつれ急になり、
しかも岩山なので岩をうまくぬうようにして足を運ばなくてはならない。
途中「危険」の看板もあり、「こんな登山ルートでは瞑想などできないぞ。ルート名に騙された」と思いつつ・・・
最後の方は、ほとんど岩場を這うようにして登った。

それでも、途中ビューポイント(これは絶景)で休憩をしながらも、何とか1時間かけて登頂。
(ルートの距離は2300メートルほど)
山頂の岐阜城から見る景色も絶景だった。
が、心臓はバクバク・・足はガタガタ・・泣き顔
3人とも年齢の割に運動はしている方なので、自信は持っていたのだが、
完全になめていた。
帰りは素直にロープウェイを利用しました~~

山をなめてはいけませんな。 金華山程度と言えど。
それにしても、昔の人はよくあんな所に城を築いたものだ。
車も重機もないのに。 「すごい」としか言いようがない。

TS3V0057