ムーラン(林)です。

2つ前の投稿で、葉っぱが花見の話題と共に「人生の曲がり角」について書いていた。

私たちは今年度で還暦となる。もしかしたら、もう最終コーナーなのかもしれない。

いや、まだ何度も曲がり角はあるかもしれない。それは誰にもわからないけれど・・

 

少し前に、葉っぱたちと「人生の下り道」の話をした。

確実にもう私たちは折り返し、下っている。

「下りの方が危なかったりするから、ゆっくりと、気を付けなくちゃね」と。

普段、能天気で物事あまり深く考えない私だけど、さすがに還暦を前に少し考えた。

「これからは荷物を少しずつ降ろしながら下ろう」と。 仕事は一段落したことだし。

 

「荷物を降ろす」はずだった・・が、冷静になってみると、ここへ来て新しく「積んで」いるのである。

地域の役員や、他にもボランティアも。

私は頼まれるとイヤと言えない性格ではあるが、思い返してみるとこれまでも引き受けてきたことは

自分にもできることだったし、そこから人間関係や視野が広がり、楽しいことばかりだった。

結局、引き受けてきたこと、選んできたことは、私の人生を豊かにするものだった。

もちろん、時に「無理です」と断ったこともある。それは私にはきっと「できないこと」だったに違いない。

自分に「できること」と「できないこと」を何となく本能的に選んできたように思う。

そして多分その選択は正解だったと。

 

この先も人生を下りながら、荷物を降ろしたり、たまに積んじゃったりしていくのだろうな。