ムーランです。韓国旅行第三弾。

「韓国に行ったら焼き肉でしょ」と決意していた。
二日目の夜、明洞の焼肉屋さんに行ってみた。
メニューを見て、「結構な値段だな・・」という印象だった。
日本で家族で焼き肉の場合は、タン・カルビ・ロース・・と色々注文するのだが、
娘と女二人なので、それほど食べられるとも思えず、
とりあえず「味付けカルビ」と「特選ロース」のみ注文した。
(追加はいつでもできるし、と思いつつ)

そしたら・・
まず出てきた肉の量にも驚いたのだが、続けてドンドン出てくる物にさらに驚かされた。あせあせ (飛び散る汗)
サラダ・サンチュ・キムチ・かぼちゃの煮物・チヂミ・・・
しかもサラダや、焼肉に挟んで食べる野菜の漬けたものなどは無くなってくると追加してくれる。
肉の追加なんて、とんでもない。 食べきれないほどの量だった。
日本式にあれこれ注文していたら、大変なことになっていた。
(最初の韓国旅行ブログの二枚目の写真は、焼き肉の写真。撮ったのが遅く残骸だが・・皿の多さでご察しを)

そう言えば頭の片隅に「韓国で焼肉注文すると色々付いてくる」と聞いたような気が・・
つまり、「結構な値段だな」という印象は、これは日本でいう『焼肉のコース』だった訳で。
であるならば、お値打ちだった。
そういえば私たちの少し離れた席から「これは頼んでないです」と言う日本語が聞こえてきた。
・・同じだ。 笑ってしまった。
(付いてるんですよ~それもこれも)

これから「韓国旅行で焼肉を食べてみたい」と考えている方。
くれぐれもアレコレ注文しないように。人数分あれば充分です。