ムーラン(林)です。

表題は私の好きな作家の一人。
これまで樋口有介・小路幸也・三浦しをん・百田尚樹など何人かの好きな作家や作品を紹介してきたが、
今日は満を持して高嶋哲夫を。
いえ、特別に温存していたわけではないのだが、作品上、訳あって紹介するタイミングが難しかった。

どちらかと言うと社会派の作家である。
大災害小説の第一人者とも言われている。いくつか紹介したい。
最初にこの作家と出会ったのは、もう10年ほど前。作品は『ダーティ・ユー』
アメリカからの帰国子女、ユーこと雄一郎。日米の教育現場のあまりの違いに戸惑いながらも
正義に突き動かされる。
日本の「いじめ問題」に深く切り込んでいく作品だった。

次に読んだのが『M8』と『TUNAMI』
この二つには瀬戸口という若き研究者(ポスドク)が登場する。
両方とも書かれたのは阪神大震災よりは後であるが、東日本大震災の数年前。
私が読んだのもその時期。
『M8』では首都直下型地震、『TUNAMI』では東海・東南海地震が起きる。
『TUNAMI』では、まさに津波が・・そして原子力発電所が・・

これが、私が高嶋哲夫氏を紹介する時期を逸していた理由。
あの東日本大震災を、あたかも予言していたような内容なのである。
かの地震時、私は真っ先にこの作品を思い浮かべてしまった。
作家高嶋氏は、かつて日本原子力研究所の研究員だった人物である。
故にこれらの作品は渾身の大迫力で描かれている。

その他には
『トルーマン・レター』・・あのトルーマンが残していた手紙、なぜ原爆投下はなされたのか・・に迫る。
とても面白く、一気読み。
『ミッドナイトイーグル』『ファイアー・フライ』などなど・・
『風をつかまえて』・・これはつい最近読んだ作品。
風車という自然エネルギーに焦点を当てた、「ポスト原発」時代の再生物語。

メジャーな作家とは言えないが、どれもこれも、素晴らしい取材力・分析力で迫力の作品ばかり。
一読の価値ありです。

TS3V0159