園木です。
ムーランの「方向感覚」を読んで…
「何故に、あなたは私のことをこんなによく知っているの?? ムーランあなたに、話したっけ???」
「ムーランのことなのかも…。私と全く同じだ」と笑うしかない。
(全く同じなんてありえないと思うでしょ!!でも、同じなんです!!)と、
伝えたくなり、ムーランのよもやま話を「こぴぺ」してしまった。
といっても、「こぴぺ」はやめときます。
私が方向音痴を自覚したのは、
今から30年ほど前の仕事をしていたときの友人からのフィードバック。
友人は、私が自覚のないことを指摘し、
私のそれまでの疑問「どうして、私は行きたいお店にたどり着かないか」を
わかりやすく解説してくれた。
以下、友人が私に言ってくれたことをありがたくまとめたものです。
あんたの中では、東西南北は、小学校の教室が基本になっている。
(確かに、南に向いた窓があり、正面は黒板があり、
その教室の四方の壁には、「南」「西」「北」「東」と書かれた文字が貼られていた。
そのまま「左は南、前は西、右が北で後ろが東」と覚えたのになぁ)
それは、自分から観た景色で誰からも同じように観たものではないよ。
(そうともいえるかも・・・ね)
方角を使わないと、右、左、前、後ろと表現するほかになく、
あんたに場所を説明するのが難しい。
場所を線で覚えられなくとも、
「その場所」を点としては覚えていられるんだね。
ならば、その地下通路をまっすぐ行って、
顔を地下通路の壁にバンとぶつけたら、
そのまま右に向き階段を登りきったら、すぐ左の建物」と言われた。
(なんで、そんな説明するの??でも、よくわかる。
驚きとうれしさとなんともいえない気持ちで思わず笑っていた。
説明どおりで迷わず着いたぞ。私は方向音痴というものかも???)
これが、私の自覚を持った出来事。
以来、方向音痴の私はできるだけ数人で歩くときは、後方にいるし、
「私は方向音痴です」とも言い降らしている。
でも、「この場所、私知ってる」の虫が動き出すともういけません。
(方向音痴なのに、これがどうも自信満々にみえる原因かも)
方向音痴の自覚がありながら、大丈夫と思ってしまう。
(まあ、いままで、何度も失敗しているので、何とかなるとも思っているしね。慌てません。)
最近の事件は、地下鉄のホームで反対方向の電車に乗り「あれっ?」
地下鉄のどっちのホームに乗ればよいかが瞬時にわからない。
よし、こっちと思って歩き出すとたいてい違う。
これが方向音痴というものらしい。
そうか、だからビル管理会社に勤めていたとき、
私は、よくビルの中で迷子になっていたんだ。
(今、気づくこともある??)
先輩には「どうして迷うかなぁ~??」といわれ続けてたわ。
京都に住む姉とよく京都の河原町を歩くが、これも全くわからない。
「わたしはだれ!!、ここはどこ??」
迷子にならない方法は覚えたが、方向音痴は直らないらしい。
ということで、皆さん、よろしくお願いします。