清水です。
先日息子の高校でPTA向けの矢野きよ実さんの書道パフォーマンスがあった。
「矢野きよ実」というと私たちの世代だと『5時SATマガジン』を連想したり、
最近だと『どですか』を思い浮かべるのでは?
名古屋弁でしゃべる小奇麗なおばさん。
最近のイメージはそんなではないだろうか。
書道をやるというのに上下真っ白な洋服で登場した彼女は
やはりすらっとしていてきれい。
でもやっぱり名古屋弁。
希望者と一緒に書道をすることになっていたが、
字を書くのがとても苦手な私は見るだけで参加。
彼女はもちろんちゃんとした書道もやるのだが、
パフォーマンスの時は筆のお尻をむんずと掴み、
心からまっすぐにつながった筆で、
今思っていること、心の中のことを、自由な書き方で作品にしていく。
参加した人たちも思い思いに書くうち、
ずーっと泣いている人、
何枚も何枚も書き続ける人、
それぞれが思いのたけをしたためていた。
実は彼女、このパフォーマンスを東北の被災地の肉親を亡くした子供たちと、
定期的に行っている。
2時間ほどの時間だけど、その間に子どもたちはたくさん書き続ける。
ずーっと「父」と書き続ける、お父さんが行方不明の子。
どうしても書くことができずにいた子がやっとかけたときには、
みんなで泣きながら喜んで。
そしてパフォーマンスが終わると
「家に持って帰れないのは預かるよ」と声をかけると、
家族の前では決して出せない、弱音や、悲しみを書いたものを置いて、
子どもたちは笑顔で帰っていくそうだ。
彼女はパートナーの事件で、テレビから離れている。
事件直後、マスコミに追われ、
風も日差しも痛くて、外に出られないほどのダメージをおったときに、
泉谷しげるに強引にひっぱりだされ、今の自分があるという。
「とにかく動こう!そして動けばつながるから。」
その思いで彼女は今活動している。
「矢野きよ実」はものすごくすてきな人でした。