清水です。
メナード美術館に舟越桂(ふなこし かつら)の展覧会を観に行ってきた。
この名前でピンとこない人も、
天童荒太の「永遠の仔」、「悼む人」の表紙の、
遠い目をした彫刻の作者と言えばイメージが湧くだろう。
小説自体は読んでいないのだが、
あの「目」が気になって気になって・・。
たまたまテレビでその作者が舟越桂だと知って、
実物を見たくてたまらなかった。
彫刻は楠の木彫。
半身像が多く、みんな遠い目をしていて、
不思議な空間が広がっていた。
どの彫像も横顔がすばらしく美しかった。
そして実は『手フェチ』の私の心をわしづかみにする、
美しい手が肩から生えていた。
ほとんどあやしい人になりながら、
彫像と同じ目線をしてみたり、
ぐるりと周りを回ってみたり。
作品を作るときに出た木切れで作った、
こどものためのおもちゃがまたすばらしい!
こんなおもちゃで育ったお子さんは、
どんなすてきな人間になるのだろうと、
勝手に想像したり。
「舟越桂 2012 永遠をみるひと」の会期は今月の25日まで。
名駅、栄のバスセンターからの名鉄高速バスなら、
徒歩3分のところで降りられるので、
極度の方向音痴の私でも初めてなのに迷わずに行けました。
ぜひあの不思議空間を味わってください。