16期 スギタです。
1月より晴れて転職(といってもパートタイムですが)いたしました。
身近な方々は既にご存知なのですが、とにかく以前の職場が性に合わず、
いつも心苦しく通っておりましたので(少々大袈裟冷や汗 (顔))今度は
打って変わり、心穏やかに通える職場クローバー
ただ、多少通うことに不自由になったので、今までよりも早い電車に乗り、
帰宅も遅くはなったものの、疲労することすら充実の証しに思える。
精神的疲労が、肉体的なそれよりいかに過酷であったかを実感ひらめき

そんなわけで、精神的に健やかになったこともあって、
なんとまあ、お弁当まで作ってしまう変貌振りぴかぴか (新しい)
これは自分的に、非常に非常に革新的なことなのです。
なにしろ、高校生になった息子の日々の弁当づくりでさえ、億劫で恐怖だったわけで。
現金なもので、自分用にも弁当を作るということになれば、
おかずに求める冷凍食品なども今までになく真剣に吟味してしまい、
そしてなんとexclamation弁当用の惣菜など、仕込みまでするようになりました・・・

KC3O0018

今まで、散々粗末な弁当を、息子には持たせていたというのに冷や汗2 (顔)
まあ、このある種祭りのように華やいだ気分もいつまで続くのか見当もつきませんが、
できるだけ長きに渡り継続できることを祈るばかり。
せめてのモチベーションの維持に役立てるべく、「弁当男子」なる人々の
ブログなんぞを拝読してみたり。
「朝活」ならぬ、「弁活」の朝は早いのです晴れ