16期スギタです。
9月6日の命日を控えて、ニンカン・ネットのメンバーと
津村先生とで、故メリット先生のお墓参りに出かけました。

IMG_1703.JPG

メリット先生は、八事霊園の一角にある日本聖公会の共同墓地で
眠っていらっしゃいます。
私にとっては初めてのお参りです。
先輩方に、「ところで16期の頃って、メリット先生はいらっしゃったの?」と
聞かれましたが、私たちの頃には残念ながら既に引退されていました。
ですが、実は私にはひとつだけ、メリット先生とのステキな思い出がありますぴかぴか(新しい)
確か2年生の夏休みだったと思います。
グラバア先生の「創造性開発」という授業で、長野の山間に住むメリット先生を訪ねました。
その集落の集会所に寝泊りして、自らの裡にある「創造性」を目覚めさせるための多様なプログラムを
1週間かけてじっくり取り組むといった内容でした。
(文章化すると高尚だけど、実際にやってみたことはとにかく激しかった~~~
ま、ニンカン生ならわかると思いますがっっ)
で、到着してまず始めたことが確かTシャツのデザインだったと思う。
真っ白なTシャツに、布に絵を描けるタイプの絵の具で各々好きなように
絵やら模様やら、字を描いていくものだったと思います。
これは、初めのプログラムだったので、これから過ごす1週間の期待やら意気込みやらを
そのデザインに託す!!と理解した私は、いろいろ考えたわけです。
(これで私の1週間が決まる!!くらいの気合で取り組んだハズ・・・)
私が思いついたのは・・・・
真っ赤に燃えるハートでしたハート
そう、気合入ってましたので。
で、ハートはバックプリントにして、表はカッコよく英語の文句でも
入れてみようかなーなんて思い、いろいろ考えあぐねたわけです。
当時聴いていたロックの題名やら、歌詞やらいろいろ思い出し思い出し・・・
(たぶん、その頃は今じゃ比較にならないほど、次から次へと思い浮かんだことでしょう)
で、そのうち「これだひらめき」と思い浮かんだので、私たちのやってる作業を優しく見守っていてくださる
メリット先生に尋ねました。
「ハートに火をつけて、って英語でなんと言うのですか?」
「Light On Fire.」
とても流暢な英語で(当たり前です)、メリット先生は私に屈託ない笑顔と共に応えてくださいました。

(以下私の心の声・・・ですので多少お聞き苦しい点をお許しください)
ええーーーーー!!!
メリット先生すげーーーーぴかぴか (新しい)それってDoorsじゃん!
先生Doors知ってんの???ジム・モリソン知ってんの???
おじいちゃんなのに、神父なのに・・・めっちゃカッコいいdouble exclamation
はい。
本当に私はめちゃくちゃココロを揺さぶられたのです。
(そういう感覚って、けっこう覚えているものです)
そしてその文字を、一気に真っ白なTシャツに描きつけました。
これが、私のたったひとつのメリット先生との思い出です。
先生は覚えてらっしゃるかな。

FullSizeRender.jpg